リースについて

防犯カメラのリースとは

購入であれば、防犯カメラ本体と付属品、工事費を一括での支払いとなりますが

リースの場合は、防犯カメラ設置後月々5000円~をお支払いで防犯カメラを利用することができます。

防犯カメラは使えば使うほど品質が低下していきます。

しかしリースであれば使用可能年数で調整しながら、最新の防カメラに切り替えることができます。

リースの仕組み

1.お客様の要望を伺い弊社営業から機器のご提案

2.月々の支払い額、リース総額のご提示

3.ご提出いただいた書類を審査後、お客さまとリース会社との間でリース契約を締結

4.リース会社と弊社との間で機器の売買契約を締結し、発注

5.弊社からお客さまのもとへリース機器を納入/設置工事

6.毎月のお支払い

リース契約の条件

防犯カメラシステムをリース契約するためには、法人格があること(株式会社、有限会社、医療法人、学校法人など)が条件となります。

その法人の金融審査はあるものの、審査が通れば法人名義でリースを組むことができます。

法人格がない場合でも、個人事業主の方もリース対象となる。

(個人事業主とは、屋号をもって事業をしていたり、不動産を運用している場合が該当)

いずれのケースにせよ、ショッピングクレジットよりもリースの方が利率が安いので、防犯カメラの導入においてはリースを選択したほうが、全体的にメリットが多いです。

防犯カメラ設置までの流れ

お問合せ

こちらのサイトからお問い合わせいただくか、弊社までお電話にてお問い合わせください。

日程調整

担当者よりメールかお電話にて日程調整を行わせていただきます。 ご対応可能な日時をご記載ください。

ご契約

様々なご要望に対して最適なプランをご提案させていただきます。​

工事

取付工事開始となります。 その後のサポートもおまかせください。